診療報酬の債権回収の方法について簡単に説明していきます。基本的な回収方法について説明していきますので、参考にしてください。1つめに回収対象者に手紙や郵便物により催促をします。いきなり回収と言っても「そんなの無いよ」と言われることがありますので、まずは簡単な方法で回収を行います。この時点で回収できるのが望ましいです。

2つめに交渉となります。直接回収対象者に接触して話をして交渉を行っていきます。それによっては多少穏便に済ませる場合もあり、回収対象社にとって良い状態になる場合もあります。ただし、人によっては交渉に応じないことが多く、その場合は次の方法になります。

3つめに訴訟手続や強制執行などで回収を行っていきます。この段階になれば弁護士としての仕事が多くなります。正直なところ上記2つはやろうと思えば個人でも出来ますが、これは難しいです。場合によっては裁判所を使用するので、回収率が格段に高くなる反面、値段の方も高くなります。しかし、確実性が高いので回収を必ずしたいとなればこれらの方法を取るのが良いでしょう。

このような債権回収の方法があります。もちろん、上記以外にも診療報酬の請求方法はあります。訴訟などになると評判に響くおそれもあるので、債権回収は弁護士へ相談をして最適な対応をするのがいいでしょう。