診療報酬を支払いしない人がいるという状態は医療関係の経営にも影響を出すことになります。もちろん1人くらいならまだ問題は少ないですが、それが大量にいるといくら弁護士による債権回収が出来たとしても全て回収するのにかなりの時間がかかってしまいます。そのようなことを避けるためにも予防や対策は必須と言っても良いでしょう。

そもそも診療報酬の未払いが問題となりますのでそれを避けることができれば回収する必要はないです。例えば、前も同じように回収をする必要がある患者がいる場合は予め支払い方法について確認や支払い計画の明記などをしてもらうなどの対策をするのが良いです。また、高額な場合は連帯保証人を付けるなどの対策をすることが必要になるでしょう。もちろん、難しいことも多いですが対策をすることで回収という面倒な作業自体が無くなり、無題になりません。他にも良い方法がある場合はそれを取り入れて対策をすることをおすすめします。

対策によってはお客様を選ぶことになる場合があります。これが医療機関によってはあまり良くないと思っているところもあるでしょう。しかし、本当に診療報酬の未納が多くなると良くないのですから、対策はすることを強くおすすめします。そもそも正当な権利ですのである程度を対策しないと病院自体が無くなってしまいます。そうなっては多くの人を救うことができないのですから、上手く対策や予防をするようにしてください。